転職ノウハウ

就職に有利になる筈!?30代の転職であって損は無い汎用的な資格4選!!

投稿日:

転職時に自分の履歴書を見て愕然、、、。

資格欄が空欄。

資格があれば転職できるというわけではありません。

それでも持っていればプラス評価にこそなれ、マイナス評価にはならない資格。

そんな資格をご紹介します。

 

・TOEIC

TOEICとは英語力を点数で表すものになり、

また、英語が関係の無い業務であっても、高いTOEICの点数を保持していることは、

自身のスキルアップを怠っていない証拠になります。

TOEICは現在の日本国内で英語力を図るのには一般的とされているテストです。

日本国内で!と書いたのは、世界的にはTOEFLの方が評価されます。

なので、日本企業の転職ではTOEIC,外資系であればTOEFLが評価対象になります。

TOEICのスコアを劇的に改善する方法はこちらの記事に、実体験付で記載しています。

ご興味がありましたら見てください。

30代であれば600点以上が転職時の履歴書に記載できる最低点という認識が広がっています。

 

 

・日商簿記3級・2級

女性のイメージが強い簿記の資格ですが、男性にもオススメです。

理由は、営業職などでも数字の扱いに長けている事の証明になりますし、

務諸表の知識があれば経済ニュースも深く理解できるようになります。

また、財務諸表が解読できるという事は、経営管理や経理面に明るい事になります。

日商簿記3級であれば、そこまで苦労をしなくても取得が可能です。

それもあってか、転職で効果を発揮するのは2級からが一般的です。

 

・MOS

どの企業でもパソコンは使いますよね。

そのパソコンにほぼインストールされているのがMicrosoftOffice製品

良く使うExcelとかWordとかです。

このOffice製品の利用スキルを客観的にかつ簡単に証明するものが、

MOS資格です。

スペシャリストとエキスパートと2種類あり、エキスパートが上位になります。

そこまで難易度は高く無く、短期で取得が可能です、

かなり汎用的資格なので、持っておいて損は無い資格でしょう。

 

・ITパスポート試験

ITの基本的な知識を有する事を証明する資格になります。

転職時にアナログ人間では無い事。

一定レベルのITリテラシーを見に付ける事ができます。

ITの資格と言っても入門的な内容になり、上位資格の足掛かりと言っても良いでしょう。。

試験内容もビジネスマン、ビジネスウーマンが一般的に知っておくべき知識に留まっていますので、

難易度も比較的優しいと思います。

私はテキスト一冊購入し2週間程学習し、問題無く取得できました。

 

まとめ

今回、取り上げたのは汎用的な資格に関する情報です。

医療、IT、国際貿易、経理、金融、、、専門的な仕事になれば、専門的な資格が必要になります。

転職したい業界が既に決まっているのであれば、

その業界の資格の取得が転職の一番の早道でしょう。

しかし!!

今回のまとめの資格4選は、

ほとんどの業界で評価される汎用的な資格になります。

転職時に何も資格欄が無いという方は、一度、資格の取得を考えてみてはいかがでしょう?

 

  • この記事を書いた人
yusaku

ゆうさく

35歳グレイ企業に務めるサラリーマン。転職活動中。ヤンキー大学、パチンコ店員、土方、エステのキャッチ、デリヘルのドライバー、ニュージーランド留学、ペルー・ボリビアへバックパッカー旅行、ブラジル1年半滞在・・・など、様々な経験を持つ。現在は、自分よりも収入の多い嫁と子ども2人を持つパパ。

-転職ノウハウ

Copyright© 30代の転職・キャリアチェンジ , 2019 All Rights Reserved.