転職・退職経験談

富士通を退職した理由とその後の人生

更新日:

20代前半に富士通を退職しました。正確には富士通の関連会社。

  • 同期は富士通本社の800名
  • 私の出身校の就職先としてはトップクラスの給与
  • 福利厚生もしっかりしている

こんな素晴らしい会社を退職した私の経験が、少しでもあなたの役に立てばと思います。

 

富士通は、素晴らしい会社でした

私の出身校からの就職先としては、トップクラスの給与でした。有給も取れて残業代もしっかりと支給されます。リフレッシュ休暇もあったり、女性の産休もしっかりとしていました。

本当に素晴らしい会社だったと思います。

課長は800〜1000万円、部長は1200万円という噂がありました。私の所属部署は、富士通が潰れでもしない限り、安泰とも言われる部署でした。

でも、私には退屈でした。

 

歯車の1つになるのが嫌だった

歯車の1つな感じがして、私は嫌でした。

私一人休んでも全く問題ありません。逆に私がいてもそんなにいい影響は与えません。

もちろん、3年足らずで退職しているのでそこまでスキルがないということもあります。

ですが、やはり歯車感が嫌でした。

 

上司がキラキラしてない

上司の働き方は、キラキラしてませんでした。

障害が起きれば自分が関係なくても、残業や休日出勤している課長や部長をみて、自分もこうなるのか・・・と思った途端にやめようと決意しました。

やめようと決めてから色々と見ました。

 

転職、留学、学校などたくさん検討した

  • 転職サイトを見たり
  • 留学サービスを調べたり
  • 大学への入学を考えたり

色々考えました。

転職したいほどやりたいこともないし、給料や福利厚生には不満もなかったし・・・

それでたまたま縁があって、接骨院の業界にきました。

 

転職を後悔したことは1回もありません

私に関しては、転職を後悔したことは1回もありません。今の道を選んでよかったと思います。

たぶんあのまま会社に残っていたら、ノイローゼになってたかもしれませんね。w

でも、やっぱりやめる決意、退職を伝えるってハードル高いですよね。色々な情報を見てみて、自分にあった道を選んでくださいね!

このブログでは、転職経験のある人たちへのインタビュー記事なんかも、集めていければと思います。

 

  • この記事を書いた人
シュンスケ

シュンスケ

20代前半に大手のIT企業から接骨院の道へ転職。接骨院の経営だけで生活することに危機を感じ、上司に内緒で仕事をしながら副業をはじめ毎月20万円を稼ぐようになる。現在は、副業をはじめたいサラリーマンに教える活動をしている。

-転職・退職経験談

Copyright© 30代の転職・キャリアチェンジ , 2020 All Rights Reserved.