転職・退職経験談

30代の後半で転職失敗したSさん。その失敗理由3つ!!果たしてその後は?

更新日:

新卒から定年まで勤め上げる働き方。

完全に崩壊していますよね。

このサイトを見ているあなたも転職検討中なのかと思います。

ただ、私の上司であったS藤さん。

40歳手前で、転職し、失敗しました。

その失敗理由を3つ説明します。

同じ轍を踏まないようにしましょう!!

 

S藤さんのスペック

40歳手前

妻子あり、子供は一人。

妻はアルバイトで収入が月10万円程度

前職では役職があり、

ITのテクニカルサポートプロジェクトのリーダー

 

退職理由は

  • 会社の賃金と待遇の不満
  • 上司との折り合いがつかなかった事

これらを理由に転職しました。

 

30代で転職失敗したSさんの3つの失敗要因

実力と経験が無いのに、異業種・異職種へ転職する

S藤さんが転職したのは、

IT系の営業職

完全異業種ではなかったのですが、異職種

話を聞いたときは、少し不安と驚きを感じました。

しかし本人は、

「仕事を覚えるまでは蓄えがある。

覚えてからはガンガン稼ぐぞ!!」

こんな会社さっさと辞める!!

と息巻いていました。

しかし、“インセンティブ”が与えられる程の営業成績は上げられませんでした。

結果は基本給のみの日々、、、、。

やはり、30代の後半ともなると、同業種・同職種の転職が無難です

自分の培ってきた経験が活かせる転職先を探した方が良いでしょう。

 

就職活動の準備期間が足りない

S藤さんの退職理由は、

会社の不満と上司との関係性の悪化

在籍時はかなり荒んでいました。

そして、怒りに任せて、転職を焦ってしまった部分がありました。

ちょうど知人のツテの転職話があり、安易にのってしまったのです。

30代後半の転職は、慎重に慎重を期しても足りないくらいです。

焦らずに転職エージェントに相談、自身で転職サイトに登録して、

自分の市場価値を正しく認識する事で、ミスマッチは未然に防ぎましょう!

 

相談する相手がいないので、独断で決めてしまった。

怒りと不満での転職でしたので、奥さんへの報告は一番最後だったそうです。

転職時の嫁ストッパーは有名な話ですが、

S藤さんに限って言えば、嫁ストッパーは発動した方が良かったです。

きちんと、家族には相談しましょう。

また、転職エージェントに相談することで、客観的な判断をしてもらえます。

さらに会社の内情も詳しく調べられますので、

自分のスキルと会社の求めるスキルのミスマッチを防ぐことができます。

オススメの転職エージェントでハイクラス求人であれば、ビズリーチがオススメです。

 

まとめ

転職先でなかなか営業成績があがらなかったS藤さん。

どういった結果になったかというと、、、

退社してしまいました。

妻子を持っていたので、基本給だけではやっていけなかったとのこと。

そして、もともと勤務していた会社に頭を下げて出戻りしました。

もちろん役職は平社員に戻り

給与はダウン

悲しい現実が待ち受けていました。

  • この記事を書いた人
yusaku

ゆうさく

35歳グレイ企業に務めるサラリーマン。転職活動中。ヤンキー大学、パチンコ店員、土方、エステのキャッチ、デリヘルのドライバー、ニュージーランド留学、ペルー・ボリビアへバックパッカー旅行、ブラジル1年半滞在・・・など、様々な経験を持つ。現在は、自分よりも収入の多い嫁と子ども2人を持つパパ。

-転職・退職経験談

Copyright© 30代の転職・キャリアチェンジ , 2020 All Rights Reserved.