転職ノウハウ

【30代の転職】転職エージェントと転職サイトの違いを理解しよう!

投稿日:

転職を決意した場合、直ぐに思いつくのは転職サイト、もしくは転職エージェントですよね。

この二つの違いをきちんと理解して使いこなせていますか?。

転職サイトと転職エージェントの違いを説明します。

転職サイトと転職エージェントの主な違い

転職サイトと転職エージェントの主な違いは、

貴方に専任のキャリアアドバイザーがつくかどうかです。

転職サイトでは基本的に全て自分で転職活動します。

企業とのやり取りから、面接まで全てです。

転職エージェントでは、キャリアアドバイザーが貴方にあった企業を紹介してくれます。

 

転職サイトのメリットとデメリット

メリット

・気軽さ

転職サイトは自分で履歴書を作成し、企業を検索して応募します。

応募した後は、企業と面談の日時決定の流れになります。

全て自分で作業するので、自分の好きなタイミングで進められます。

 

・選択の自由

転職エージェントだと、転職させる事でお金が発生します。

なので、エージェント側はあなたのスキル・経験にあった企業を基本紹介します。

その点、転職サイトはあなたが気に入った企業にドンドン応募できます。

 

・一通りの作業が済めば、後はあまり時間がかからない

転職エージェントでは担当者とのやりとりが発生します。

しかし、転職サイトであれば一度WEB履歴書を作成してしまえば、

後はあなたが直接申し込み、企業とやり取りします。

良い意味で自分のやる気次第です。

 

デメリット

・企業とのミスマッチ

良くある事の一つが、転職した企業の提示した業務内容が違うケース。

社員になってしまうともちろん断れません。

事前に提示する情報が少ないので、

ミスマッチも起ってしまいます。

わが社の募集も人気職種を全面に押し出していますし、

業種の掲示をぼかしたりしています。

 

・モチベーションの維持がしにくい

自分一人での転職活動ですので、

一時のやる気だけでは気持ちが、萎えてしまうことがあります。

転職エージェントであれば、キャリアアドバイザーが企業紹介等をして、

モチベーションを維持してくれます。

 

・履歴書を作成する作業時間と企業とのやりとり

転職エージェントではヒアリングの時間を取るので、

そこから、担当者が履歴書を作成、

企業との調整をしてくれます。

転職サイトは全て貴方次第になるので、

時間がかかってしまう方も出てきてしまいます。

 

転職エージェントのメリットとデメリット

メリット

・専任のキャリアアドバイザーが担当

貴方専任のキャリアアドバイザーが転職をサポートします。

サポートというより、転職を斡旋してくれる感じです。

しかも無料です。

求人の紹介、面接対策、企業との面談調整など至れり尽くせりです。

彼らは転職が成功した際、貴方の年収の20~40%を企業から受け取る仕組みになっています。

彼らも必至なんです。(笑)

なので、無料で手厚いサポートを受けれます。

 

・冷静な第三者の意見がもらえる

一人で転職活動をしていると、自分の評価を客観的に判断することが難しい事があります。

しかし、転職エージェントでは、キャリアアドバイザーと面談を実施します。

十分なヒアリングを実施したうえで、

貴方の経験・スキル・実績を客観的に評価してくれます。

第三者の評価を客観的に聞くだけでも、今後の転職に活かせます。

面談だけでも受けるメリットはあります。

 

・非公開求人案件

企業が非公開求人案件にする理由。

複数の理由が考えられますが、

1.人気の求人情報に応募者が殺到してしまい、

採用担当者が業務に忙殺されることを防ぐ為。

2.競合他社に採用事情を知られたくない場合。

3.社内の人間に不安を抱かせたくない場合。

になります。

上記の理由により、非公開求人は優良求人の可能性が高いです。

転職エージェントは、非公開求人を多数取り扱っています。

というのも、企業は採用業務の煩雑さを転職エージェントが担っているからです。

予め内定率が高そうな人物を転職エージェントが絞ってくれるので、

企業としては業務負担が減るメリットがあるからです。

転職サイトではそこまで非公開求人を扱う事はありません。

 

・内定率が高め

キャリアアドバイザーが貴方と面談を重ね、

貴方が転職できそうな企業を紹介、斡旋し調整してくれます。

また、彼らは転職先を紹介するプロですので、無駄な紹介も無くなります。

面接する時点で内定の可能性は高いはずです。

また、彼らは転職での積み重ねた知識・ノウハウがあり、

面接時には、内定に直結する具体的な助言を貰えます。

 

デメリット

・担当者の力量と相性

良くも悪くも担当者の力量次第なのが、転職エージェントです。

担当者の知識不足、対応が雑であるという事でスムーズに転職活動が進まない事があります。

また、担当者と相性が悪く、雑な対応をされていると感じる、こちらの要望が通らないなど。

担当者とのコミュニケーションでストレスを感じてしまう事もあります。

合わない!と思ったら、担当者を代えてもらいましょう。

お互いの為でもあります。

 

・異業種には転職しにくい

エージェントの担当者も転職が成功する事で給与が発生します。

必然的に、貴方の希望よりも、スキル・経験・実績を判断し、転職の可能性が高い企業を紹介します。

30代でのポテンシャル採用はかなり厳しい案件になってしまいます。

 

・そもそも、登録が出来ない場合がある

転職エージェントにもランクがあります。

上質な転職エージェント、所謂エグゼクティブクラスのエージェント。

これらには登録する為に、現在年収、TOEICのスコア、保有資格など、

判断基準を設けているエージェントがあります。

 

30代は転職サイト?転職エージェント?

転職サイトと転職エージェントのメリットデメリットを考慮して、

30代で同業種のステップアップあれば、転職エージェントに軍配が上がります。

ただ、その時も一つの転職エージェントに登録するのではなく、

複数の転職エージェントに登録する事をオススメします。

各転職エージェントで、扱っている非公開求人を狙っていきましょう。

また、担当者との巡りあわせと相性が重要になります。

担当者に不満があった場合はすぐに、変更を申し出ましょう。

転職サイトは、別業種や別職種に転職する場合、

もしくは希望の職種が既にある場合は転職サイトが有効になります。

それでは、皆様もスムーズな転職活動を!!

  • この記事を書いた人
yusaku

ゆうさく

35歳グレイ企業に務めるサラリーマン。転職活動中。ヤンキー大学、パチンコ店員、土方、エステのキャッチ、デリヘルのドライバー、ニュージーランド留学、ペルー・ボリビアへバックパッカー旅行、ブラジル1年半滞在・・・など、様々な経験を持つ。現在は、自分よりも収入の多い嫁と子ども2人を持つパパ。

-転職ノウハウ

Copyright© 30代の転職・キャリアチェンジ , 2019 All Rights Reserved.