転職・退職経験談

30代で転職した友人S.Tの話。「責任のある仕事が嫌だった」

更新日:

私の友人で転職した友人S.Tの話です。

 

30代で転職した友人S.Tの話。「責任のある仕事が嫌だった」

彼が転職した理由は、「責任のある仕事が嫌だった」そうです。

彼は驚くほどに欲のない人間で、お金よりも安泰・平和を求めていました。

前の仕事は、

  • 残業はほぼなし
  • 給料は約30万円
  • 業界的にはノリノリでボーナスは80万円

こんな感じでした。田舎で実家暮らし、独身なので十分です。

でも、「○○主任」だかなんだかの役職につかされていたそうです。役職について責任を負わされることがとにかく嫌だったようです。

 

30代で退職後に転職を繰り返す

1回目の転職は、レジ袋を作る会社で退屈すぎた

1回目の転職はレジ袋を作る会社で退屈すぎたそうです。

2、3ヶ月で退職したと言ってました。

 

2回目の転職:アルバイトで力仕事をしたら、熱中症になった

転職といっていいのかわかりませんが、知り合いの紹介でアルバイトとして、肉体労働もしたようです。

夏の暑い日だったので、熱中症になって救急車に運ばれてしまいました。

結局熱中症がきっかけで、アルバイトもやめてしまいました。

 

3回目の転職:知人の紹介で電力会社の下請け契約社員で定着!

知人の紹介で電力会社の下請けで契約社員になりました。ここで働き始めて、現在まで続いているようです。おそらく、5年目に入るのかな?

責任はない代わりに、なかなか契約社員から社員にならせてくれないそうです。一人、おつぼね的な存在の女性社員に反対されているそうです。笑

残業もそんなになくて、平和で静かな生活を過ごせて、幸せそうにしています。(僕からすると、すごく退屈そうな生活です。笑)

 

30代での転職の理由を忘れないでください

30代で転職をしようと思ったからには、何か理由があるはずです。

  • お金
  • 人間関係
  • 労働環境
  • 労働時間

あなたが一番優先するものは何ですか?それを絶対に忘れないでくださいね。

転職を1回で決めないといけないということは全くないと思います。ぜひ、楽しい人生を遅れる仕事を選んでください。

 

  • この記事を書いた人
シュンスケ

シュンスケ

20代前半に大手のIT企業から接骨院の道へ転職。接骨院の経営だけで生活することに危機を感じ、上司に内緒で仕事をしながら副業をはじめ毎月20万円を稼ぐようになる。現在は、副業をはじめたいサラリーマンに教える活動をしている。

-転職・退職経験談

Copyright© 30代の転職・キャリアチェンジ , 2020 All Rights Reserved.